News お知らせ・ブログ

ガスリーフォトカレンダー 2021年5月

2021.5.10

#

「玉石混淆」は、すぐれたものとつまらないものが入り混じっていることのたとえです。常用漢字では「混交」と書きます。日常生活でもしばしば使われ、ついコンゴウと言いそうになりますが、正し… 続きを読む

ガスリーフォトカレンダー 2021年4月

2021.4.01

#

新年度が始まりましたね。桜も満開です。 4月のワードは「四角四面」です。真面目すぎて融通が利かないなど、ネガティブな意味で使われる場面が多いですが、物事を几帳面に考える真面目さはエ… 続きを読む

ガスリーフォトカレンダー 2021年3月

2021.3.01

#

3月の写真には「鳥語花香」のことばを添えました。鳥のさえずりと花の香りという意味から、のどかな春の景色を表しています。 忙しい日常の中でも、季節の移り変わりを感じる時間を大切にした… 続きを読む

ガスリーフォトカレンダー 2021年2月

2021.2.08

#

2月の写真です。「琴棋書画」は聞き慣れないことばかもしれませんが、教養のある文人がたしなむべき4つの芸、琴、囲碁、書、絵画のことです。「棋」が囲碁を表しています。もともと「棋」の異… 続きを読む

ガスリーフォトカレンダー 2021年1月

2021.1.14

#

毎年、お世話になっている方にお渡ししているカレンダー、お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、写真部分はガスリーオリジナルで製作しています。 1月の写真は、新しい年の初めという… 続きを読む

次の世界へ

2021.1.05

明けましておめでとうございます。新しい年がきました。 この1年は、世の中のあらゆることをあらためて見直す年にしたいと思います。 村上春樹氏のラジオを聴いていたら、妙に耳に残るフレー… 続きを読む

読書の秋におすすめアプリ

2020.11.06

#

本の話題が続きましたので、読書に役立つ個人的お気に入りのアプリをご紹介します。 読書管理ビブリア 本の裏表紙にあるバーコードをスキャンするだけ。私は読んだ本を記録するのに使っていま… 続きを読む

「運転者」を読んで

2020.10.30

社内の推薦図書(?)「運転者」を、私も読みました。 こういう本の主人公は20代の若者であることが多いので、最初ちょっと意外に思いましたが、どの世代にも通じる内容だからこその設定です… 続きを読む

運を転ずる者

2020.10.21

知り合いが激賞していましので、読んでみました。 「運転者」 喜多川泰 著 運というものは、人生で出会った人や日々関わっている人に何かをしてあげるとどんどん溜まって行き、やがて、何ら… 続きを読む

Where there’s a will, there’s a way.

2020.9.17

菅総理の座右の銘です。この確かな出所は、わかりませんが、 Where there’s a will, there’s a way.意志あるところに、道は開く… 続きを読む
ページトップへ